top of page

まだ間に合う、5月からの紫外線対策!!


皆様こんにちは‼


今年のゴールデンウィークは

最大10日間の大型連休‼

皆様はどのようにお過ごし予定でしょうか!?


気持ちのいい季節で、外へお出かけされる方も多いと思います。

が、

そこで気になるのが紫外線です。




今回は 【 紫外線 】 についてお話しします。


皆様は紫外線について、どのくらいご存知でしょうか?



紫外線が多くなり始めるのは

実は、夏ではなく 春が一番強い のです‼



春から太陽の高度が上がり地上と近くなる為、多くの紫外線が降り注ぎます。


春になると、テレビなどで紫外線対策のスキンケアのCMが流れ始めたり、店頭では紫外線ケア用品が販売されますが、理由はこのためです。


紫外線対策は春から行うことが理想的なのです!




紫外線には

UV-A(紫外線A波) と UV-B(紫外線B波) があります。

この2つの性質を理解して、ケア方法を適切に行ってあげることがポイントです。



 UV-A(紫外線A波) とは?

A波は、5月から一気に夏と変わらないくらいに増加します。


このA波は 「 生活紫外線 」 と呼ばれ

紫外線の中で最も波長が長く、じわじわと肌の深部に到着します。


張りや弾力のもととなる線維芽細胞を破壊して、肌のたるみなどを起こしたり、時間を掛けて肌を黒くしたりします。


このUV-A(紫外線A波)は割合が95%と多い為、注意が必要です。



 UV-B(紫外線B波) とは?

B波は、5月から9月にかけて多くなり、冬期はそれまでの季節の五分の一程度まで減少します。


このB波は 「 レジャー紫外線 」 と呼ばれ

真夏に最も量が多くなります。


主に肌の表面にダメージを与え、しみ・そばかすとなります。

その他に、肌にやけどを起こし日焼けが赤くなったりヒリヒリしたり皮がめくれたりする症状を引き起こすのも、このUV-B(紫外線B波)が原因です。


割合は5%と少ないもののエネルギーは強い為、こちらも注意しなくてはいけません。



 ☆ 紫外線はビタミンDの合成を助けてくれる役割もあり大切なのですが、上記のようなことがある為対策をすることは重要です ☆ 






続いて

 【 PA・SPF 】 に注目!


紫外線ケアの基準となるのがPAやSPFです。

日焼け止めには、必ずこのPAやSPFなどが書いてありますが、この2つの違いは何でしょう?


 < PA > 

A波の防止効果を示したものです。「+」が多いほど防ぐことができます。


 < SPF > 

B波の防止効果を示したものです。50以上になると「50+」で表示されます。

数値の高い物は、効果は大きいですが、その分肌への負担も大きいです。




日焼け止め選びで重要なのが 「 どのくらいの時間紫外線を浴びるか 」 です。


肌への過剰な負担は、肌荒れや老化の原因となるため、あまり好ましくありません。

そのため、


 ■ 外での移動時間が少ない場合は、 効果が弱めのものを1日に数回塗布する


 ■ 外での長時間行動の時のみ、 数値の高い日焼け止めを使う


など、時間や場所によって使い分けるのがおすすめです。




いかがでしたか?


紫外線には種類があるため、適切にケアをしてあげることでお肌を守る事ができます。


美肌を手に入れるために、今日から紫外線対策を始めましょう‼





閲覧数:37回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page